梅ヶ丘地域情報

  

 

映画化された小説『冷静と情熱のあいだ』(角川書店)で、主人公の男性が住むアパートが『梅ヶ丘』にあるということで、
少し有名になったでしょうか(?)こじんまりとしたした町ですがとても住みやすい所だと思っています。
ここで少し梅ヶ丘についてご紹介いたします。

 

 
 
 
 
 
≪梅丘の由来≫

「梅丘」という地名の由来は色々あるようですが、小田急線の駅名からきたようです。
昔は「世田谷」と言う地名だったそうですが、昭和5,6年頃、小田急線が開通することになり、当時の地元有志運動で小田急線の駅を開設する事ができました。
駅名をどうするか考えたところ、土地の有力者である相原家の紋章が梅鉢だったことと、少しばかりの梅林があったので、「梅ヶ丘」になり、住所も「梅丘」になったそうです。


※因みに、駅名は「梅ヶ丘」で、住所は「梅丘」です。

●小田急線

小田急線は新宿より多摩線・小田原線・箱根登山線・江ノ島線へと運行しています。
小田急ロマンスカーへ乗れば箱根・伊豆・江ノ島へもひとっ飛びです。


小田急電鉄ホームページ↓
http://www.odakyu.jp/

※当社は、小田急線「梅ヶ丘駅」南口より徒歩1分です。

●梅丘延命地蔵御堂(梅丘延命地蔵新御堂落慶)

梅ヶ丘の新名所として、梅ヶ丘南口駅前に『梅丘延命地蔵御堂』が再建立されました。
平成16年4月21日に開眼落慶法要が行われ、梅ヶ丘を見守ってくださる事と思います。

●梅丘商店街

梅ヶ丘駅南口にある商店街!行列ができる「美登利寿司」さんでも有名です。
その他にも、こだわりのお店や美味しいお店など沢山あります。
年間イベントも盛りだくさんです。
一度、小田急線「梅ヶ丘駅」に立ち寄って、町の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

梅丘商店街ホームページ↓(お得な情報etc・・・色々掲載されています)
http://www.umegaoka.net/


●羽根木公園

梅ヶ丘駅北口から徒歩2分の所に位置し、
広場・グラウンド・プール・子供向けプレーパーク・図書館などもあります。

又、羽根木公園は梅の名所で有名で
2月~3月にかけて約60種の700本あまりの梅の花が咲きとても美しい公園です。
この時期になると毎年「せたがや梅祭り」もおこなわれます。
その昔は、松を交えた美しい雑木林だったそうですが、戦争で荒れてしまい、
昭和40年に区が管理するようにり、地名にちなんで梅林を造ったそうです。

●世田谷区役所・税務署・保険所・警察署etc・・・

梅ヶ丘の近くには、世田谷区役所・税務署・保険所・警察署・・・と有ります。
また、下記の「羽根木公園」には図書館もあり、住むにはとても便利なところだと感じてます。

世田谷区役所ホームページ↓
http://www.city.setagaya.tokyo.jp/index.shtml
●国士舘大学

中学・高校・大学の一貫教育。
最寄駅は世田谷線「松蔭神社駅」か小田急線「梅ヶ丘駅」です!

国士舘大学ホームページ↓
http://www.kokushikan.ac.jp/
●世田谷区立山崎小学校・中学校

世田谷の「学習院」・・・っと、評判です。